znb1
znb2
ナマコブシの型紹介第2弾です。

一番最初に育成したナマコブシなので、今ほど厳選にこだわってないです。

【目次】

育成経緯について
ステータスについて
技候補について
主な扱い方について
まとめ

--育成経緯について--

シーズン1の頃新ポケしか使わない縛りをしていました。
その際に育成した物理受け個体です。当時は今ほどナマコブシに愛着もありませんでした。
このナマコブシが以外に活躍したため今のナマコブシ達が存在しているのだと思います。

--ステータスについて--

HP(31):162(252) こうげき(22):68(0) ぼうぎょ(31):200(252)
とくこう(31):50(0) とくぼう(31):151(4) すばやさ(18):19(0)

調整するよりもどちらかの耐久に特化したほうが強いと判断しました。
乱数2発になることが多いのは物理技のほうが多いため、

--技候補について--

・どくどく
 交代読んだり確実に受けきれるときに 耐久型なので必須でしょう。
・みずびたし
 鋼/毒タイプにどくどくを当てたいとき、タイプ一致技の威力を下げたいときに必要でしょう。
・じこさいせい
 全ナマコブシに入っているであろう技 HPは常に高く保ちたいので必須でしょう。
・まもる
 たべのこしを持つ場合は乱数耐えが確定耐えに代わるため必要になることが多いでしょう。
・カウンター
 挑発されたら何もできないということはなくなるでしょう。
・ちょうはつ
 弱くはないですが、ほかの技を削ってまで入れるにはすばやさが遅いでしょう。
・いたみわけ
 なかみ飛び出さないので必要ないでしょう。
・おきみやげ
 起点回避として使えなくはないですが、使いどころは少ないでしょう。
・とおせんぼう
 耐えられるポケモンならばどくどくとおせんぼうで確実に倒せるでしょう。

--主な扱い方について--

典型的な物理受けです。他ポケモンとの差別化ですが、以下のものが挙げられます。
「特性天然により攻撃力アップ技の影響を受けにくい」「ちょうはつで止まる」
「みずびたしにより本来毒にならないポケモンを毒にすることができる」
「すばやさがものすごく遅い」「とびだすなかみかもしれないという精神ダメージ」「かわいい」
メリットデメリットありますが、誰かの劣化になることは少ないと思います。

--まとめ--

一番よく使うナマコブシなので一応ブログにしました。
昔"ナマコブシ"で検索をしたときにもっと細かい残飯ナマコブログを発見した覚えがあります。
ブックマークし忘れたので皆さまも検索してみてください。

たまに放送で使うこともあるので気になった方はリンクから飛んでみてください。